保育士の給料はどの程度なのか

###Site Name###

保育士とは保育園で勤務することができる国家資格を有している職業であり、主に保育園に預けられている生後6ヶ月から6歳児までの子供の世話を行うことが業務となっています。


保育園以外にも施設などに併設されている保育所でも働くことができるようになっており、共働きが増えている昨今では非常に需要が高まっている職業であるといえます。

人気の保育園の求人に関連した書きかけ項目です。

そんな保育士の給料はどの程度なのかというと、公立か私立かによって異なっています。

公立の場合は地方公務員としての扱いになるので公務員の各種手当てを受け取ることができることからおよそ20万円前後であることが多く、私立の場合は急両面が安定していないことが多いのですが相場としては16万円程度だとされています。

快適な暮らしを実現するための保育士の求人の様々な相談を受けることができます。

ただしこれはあくまでも支給されるものであり、そこから年金や保険金などを差し引くと手にすることができる給料は13万円から14万円程度となており、国家資格の中でも給料が低いということが問題視されています。

ただし地域によって保育士の取り扱いが異なっているというところもあり、場所によっては基本給が20万円のところがあるなど地域によって大きな差が生じています。



ただ、それでも平均的に給料が安いというところがネックとなっているためなかなか定着しにくいというところがあり、現在保育士の給料を上げていこうという動きが見られるようになっています。
また、昇給制度もあるのでその点を期待するという声も多いようです。